FXにおける移動平均線の活用方法

FXにおける移動平均線の活用方法

移動平均線は一定期間の価格を合計して、算出されるインジケーターのことです。

平均移動平均線と平滑移動平均線がありますが、よく使われているのは平均移動のほうでしょう。

これらはチャートの大まかな向きを調べることに活用されています。



例えば75日など大き目の指標を使うことにより、今のチャートは上昇気配かどうかを調べるということです。



移動平均線を使って平行線を引き、ある一定のところまで到達すれば、転換が訪れるというような見方もできます。総じて、大きな流れを見極めるときに使われる指標といえるでしょう。FXは短期的な取引もあれば、長期的なものもあります。
それによって平均線の日数が変わるので、自分にあった期間を定めるようにしてください。短期的なものなら21日移動平均線というのもあります。

FX情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

5分足や15分足などでよく見られる数値となっており、FXにおいても特に使われる数値です。なぜ21日なのかというと1カ月の稼働日数に近いことが上げられます。
FXは土日に取引をしていないため、売買できるのは平日だけです。

1週間に5日×4週間+端数の1日分というような振り分けとなっています。

つまり過去1カ月の平均がわかるというわけですね。
今月の大まかな流れを見るときに日足や週足を見る方も折られますが、移動平均線ならチャートを変えなくても確認できるのが嬉しいポイントです。上手に活用して、勝てるトレーダーを目指してくださいね。

Copyright (C) 2016 FXにおける移動平均線の活用方法 All Rights Reserved.